正規雇用と非正規雇用4 就活の鏡は必需品

ナルシストっぽい?就活に鏡は必需品

 

最近では男性でもエステサロンに行ったり、

果ては化粧をする

という男子も増えているという報道を見ること、

ありませんか?

 

実はこれ、

就活生にも勧める人がいる事でもあります。

 

綺麗な証明写真を撮ったり、

面接の場で肌を綺麗に見せたりすると

印象はぱっと明るくなります。

 

勿論化粧していることがばれると

年配の面接官などには

よくない印象になることもありますが、

ばれない程度のメイクはむしろ好印象を与えます。

 

とは言えまだまだ

男性のメイクは敷居が高いのも事実です…

 

普段からメイクをする女性にとっても

エステなどもそんなに安いものでもないですよね…

就活生は色々と入り用ですから。

 

しかしそんなあなたでも、

面接などの印象を変えることが出来る、

安価で揃えやすい、

極めて重要なアイテムがあります。

 

就活をはじめる就活生の方は、

活動の初期に是非買って欲しいアイテムのひとつです。

 

それは『鏡』です。

 

今回は就活を始める際に『鏡』を揃える理由についてお話します。

面接は外見の第一印象で9割方決まる

特にひとり暮らしをしている男性などは、

部屋に独立洗面台でもないと

なかなか家で鏡を見る機会はない

のではないでしょうか。

 

ですが面接という場はあなたの姿を見て、

面接官は情報を得ようとします。

よく『人の印象は会って10秒で決まる』と言います。

 

その10秒のうちの情報とは

9割が外見、

つまり『視覚的情報』です。

 

人は見た目ではない

と言いたいところですが、

残念ながら

外見の評価をされることは避けられないのです。

 

そこで鏡を使って、

自分が相手にどんな印象を与えるのか

俯瞰した上で面接に臨む必要があるのです。

笑顔の練習をしよう

就活というのは

お堅い場という印象がありますが、

だからと言って

表情が引きつっていればいい

というわけではありません。

 

むしろ『笑顔』の方が

面接官も話を聞きやすいというものです。

 

ですがこの『笑顔』もTPOを表すものです。

 

不自然な笑い方や

場にそぐわないにやけた顔でなく、

自然に笑顔を作るというのは

いざやってみると難しいものです。

 

そのためにも、

鏡を使って笑顔の練習をしておきましょう。

 

 

私も笑顔は非常に苦手だったのですが、

『口角を上げることを意識しろ』

とよく言われました。

 

「あいうえお」の「い」

の口の形を意識すると口角が上がります。

まずはこの形を意識しましょう。

 

鏡を使って

普段使っていない表情筋を

動かす意識をすることで、

面接などでも

自然な笑顔が作れるようになります。

 

一日数分でもいいので、

面接が始まるまでは

なるべく鏡を見て

表情筋を動かしておきましょう。

 

きっと顔の印象が変わってくるはずです。

 

 

特に女性の笑顔は

その場の雰囲気を和ませ、

華やかにする力があります。

女性は是非素敵な笑顔で

面接を明るく乗り切って欲しいものですね。

常日頃からチェックを忘れずに

次に鏡がもたらす効果に

『清潔感』があります。

 

例えば

肩口にフケが落ちているとか、

えりあしが

首周りにかかるほど伸びているとか、

ワイシャツの襟が折れている

などというマイナスなポイント。

 

これも

日常的に鏡を見て

自分をチェックする人と

たまにしか見ない人では

その気付きに大きな差が出ます。

 

普段から見ていると

本番の日にダメなところを見逃しません。

また普段から気にしていると、

次第にその発生確率も下がってきます。

お客様に会うことを日常とする営業マンは

ほぼ例外なく

鏡での自己チェックを欠かさず行っています。

 

面接をする日だけ

しっかりした自分を作ろう

と思っても出来ません。

 

普段から鏡をチェックして、

些細な部分が気になるように

訓練しておきたいものです。

 

ネクタイを結ぶ場合も

目視だけでなく、

ちゃんと鏡を見て

結び目や曲がりを

しっかりチェックしましょう。

 

全ては習慣付けです。

就活中はルックス革命のチャンス!?

あまり頻繁に

鏡を見ていると

ナルシストっぽいのですが、

一日1~2回、

5分足らずの習慣付けでも

あなたの表情や外見は変わってきます。

 

実は就活って、

自分の外見を変えたり

ダイエットをするのには

なかなか適したタイミングでもあるんですよ。

 

自分の人生がかかっているのだから、

そのために外見を磨くというのは

非常に合理的ですし、

明確な目標になります。

 

自分の将来をよりよくするため

と思えば、

ご飯を減らすのも

我慢できそうな気がしませんか?

 

ただ辛いだけの就活にせず、

そんな目標をモチベーションにしてみるのもいいでしょう。

 

実際私も転職をした時ですが、

証明写真を撮るために

1ヶ月で5キロのダイエットをしたりしました。

 

それを同僚に報告した時に

『お前それでダイエットしていたんだな!』

とやっかまれたりしましたが(笑)

 

 

まあそれはともかく、

就活において外見の情報は

非常に重要になるものです。

 

それに早いうちから敏感になるためにも、

鏡は是非最初に揃えておきたいアイテムなのです。

 

最初は恥ずかしいという人もいると思いますが、

自分の顔に頑張って慣れましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です