就活で履歴書にきれいな写真を貼り面接で成功しよう4  失敗談

私が就活に疲れて経験した失敗談と、その解決法5選!

みなさんこんにちは!

そろそろ就活に慣れてきたころでしょうか。

慣れてきたとはいっても、お祈りばかりされていると就活が嫌になって疲れてきてしまいますよね…。

今回は就活疲れでやってしまった失敗談と、その解決法を紹介したいと思います!

日常会話に違和感

一番起こるのがこれです。

なぜか、就活で使う言葉が日常会話にも出てきてしまうんですよね。

おそらく、就活の連続で脳が疲れてしまっていたり、就活に慣れてしまった就活脳になってしまっていることが問題だと思われます。

待ち合わせた友達に「お待たせして申し訳ありません!!」

話しかけられた時の第一声に「はい。私は!」

何てことよく起こしてしまうんですよね…。

そういった時は、休めるときに休んで気持ちを切り替えることが重要です!!!

疲れをいやし、脳を切り替える!それだけです。

就活モードに戻ることも忘れずに。

就活以外がものぐさになる

「はー…就活疲れた。もうなにもしたくないー。」

なーんてことありませんか??

部屋の掃除も遊びに行くことも、ましてや朝早く起きることさえ面倒くさくなってしまいます。

そのうちに、部屋掃除やら普段のヘアセットやらが雑になってきて最終的にはみっともない状態になってしまいます。

はっきり言えば、ノイローゼ状態なのですね。

私は、そういった状態が3か月近く続きました。

そんな時に、自分が実践してきたのは就活した日は早く寝る!!

それだけです。嫌なことがあった日はすぐに寝て明日に持ち越さない!!

反省などは大事ですが、グダグダ反省したり落ち込んだりするよりもよっぽどいいです!!

翌日に反省すれば、冷静になってスムーズに思考を進められますしね!!

常に不安を抱えてしまう

「周りはどんどん内定をもらっているのに…」
と、常に就活をしていないと不安になってしまいます。

仮に内定が出ていてもなぜか不安がぬぐいきれないことってありますよね??

それの原因は、周りが就活続けていることだったり、周りがたくさん内定をもらっていることが挙げられます。

他人は他人自分は自分のスタンスで図太くいきましょう!!

時には置いてきぼりにならないように周りを見ることも大事ですけどね。

歩みがおかしい

なんのことだ!?
と思われた人もいると思います。

就活で疲れてくると、足元がおぼつかなくなってくる人が増えていきます。

私自身、足をひねってしまったりすることが多かったです。

なぜか足が空回りするんです!!!

駅で、階段を踏み外して転げそうになって他の人に支えられていた場面もよく見ました。

自然と追い詰められてしまっているんですね。

こういった時は必ずと言っていいほど歩きに違和感を感じます。

足がふわふわして地を踏んでいる感じがしないだったり、
歩みを進めてたら、いつの間にかかなり進んでたとか。

この場合は、自分が気を付けるしかないですよね。

友人と一緒に行くなどの対策もありですね!!!

ケガにもつながりかねませんので、気を付けたいところです。

格的に気が参ってしまう

これ自体は、私が経験したものではなく友人の経験なのですが、
就活を進めていくうちに鬱に近い状態、もしくは本当に鬱状態になってしまう人もいます。

なかなか、内定が出なかったり面接で恐ろしい経験をしてしまったり。

理由は様々ですが、この状態になってしまって就活を勧められなくなってしまった人もいました。

こうなってしまうと、就活もうまくいかなくなってどんどん気が参ってきてしまいます。

こればかりは、自分ではどうしようもありません。

心療内科で診てもらうしかないです。

しかし、その年度中じゃなくても第二新卒として次年度も就職活動をすることができます!!!

そんなに気を負わずに程ほどの力で頑張りましょう!!!

上の5つをまとめると、

1.日常会話が変になる
2.就職活動以外がすべて雑になる
3.常に何かしらのもやもやを抱えてしまう
4.ふらふらとした歩みになってくる
5.精神的に辛くなってしまう

となります。

辛くなってしまったら就活も私生活もどちらもうまくいかなくなってしまうので、ほどほどに休憩を入れてリフレッシュをしていきましょうね!!

皆様の就活が上手くいきますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です